Staff Blogスタッフブログ

京都散策〜嵐山②〜

こんにちは😃
京都散策一泊の旅もいよいよ終盤です。
旅の終わりは誰もが知っているあの有名な龍安寺と金閣寺^_^
龍安寺は室町時代に細川勝元によって創建されたお寺で、1994年に世界文化遺産に指定された枯山水庭園。
学校で先生から聞いたことのある人が多いと思いますが・・・・・
石庭の石の数は全部で15個のはず。しかしどの角度から眺めても必ず1個の石は他の石に隠れて見えないように造られている・・・
で、誰もが数えたくなりますよねー。私も数えてみました^_^
こちらから1、2、3、、、、あちらから1、2、、、、確かにどこから数えてみても微妙に石と石が重なり合って、全ての石を見ることのできる角度が見つかりませんでした。
それだけではありません!
この石庭の平面は平らではなく少しだけ傾いているんです!左奥が低くなっていて排水を考慮した造りになっており、また西側の壁は手前から奥に向かって50センチほど低く造られていて奥行きを感じさせるよう工夫されているそうです。
高さ180センチの土壁は油土壁で、長い年月を耐えるために堅牢な造りになっていると!!!昔の作庭家たちの偉大さに驚かされるばかりです。

朝の予報では夕方から雨。雲行きが怪しくなってきたので急いで金閣寺へ。
正式名称は鹿苑寺。
拝観料を納めると何と1人につき一枚お札がいただけびっくり!ありがたや〜
早速中に入るやいなや、その姿をみせつけられました〜。金閣寺は凄い!豪華絢爛!見事な煌びやかさにただただ見入ってしまいました。

金閣寺は三つの層から成り立ち、一層目は寝殿造の法水院、二層目は武家造で潮音洞、三層目は禅宗仏殿造の究竟頂。屋根はサワラの薄い板を何枚も重ねたこけら葺で頂上には金の鳳凰が輝いている・・・・・。
大人になってからみた金閣寺。その圧倒的な迫力をまざまざと見せつけられたのでした〜。一度行った場所や見た風景、時を経て再度見てみるとまた新たな発見があって面白いですよ〜^_^

横山

スタッフブログ一覧に戻る

PageTopPageTop